緻密な戦略が求められる?

ブラックジャック

ブラックジャックのルールや配当を解説

ブラックジャックは、オンラインカジノの中でも戦略が重要視されるゲームです。プレイヤーが介入できる要素が多く、どのような形で勝利を狙っていくかにより、難易度や勝率は大きく変わっていくのです。

この記事では、ブラックジャックのルールや配当を解説します。また、攻略する際に必要な情報についても取り上げます。

ブラックジャックとは?

一流ディーラー
一流ディーラー

タイマンで熱い勝負を楽しみたい方に向いており。
また、プレイヤーのスキルが特に問われやすいゲームなのです!

ブラックジャックは、トランプを使うゲームです。ディーラーとプレイヤーが勝負し、21という数字に近い方、または21を達成した方が勝利となります。プレイヤーが勝利した場合のみ配当が支給され、ディーラーが勝利する場合は賭け金が没収されます。

各プレイヤーには、トランプが2枚配られます。また、ディーラーにもカードが2枚配られます。ディーラーのカードは1枚だけ伏せられており、公開されている情報は1枚だけです。プレイヤーはディーラーのカードを読み、自分の数字を21に近づける行動を取らなければなりません。

各プレイヤーは、希望すればカードを追加で受け取れます。このカードを受け取り、21の数字に近づけたところでカードの受け取りを止め、ディーラーと勝負します。最終的にディーラーの数字を上回れば勝利となります。

ブラックジャックは緻密な戦略に加えて、21を確実に狙うのかどうかも判断しながらゲームを進めていく必要があります。適当に考えて行動していると、ディーラーの数字をうまく読み取れず、負けてしまうケースが増えてしまいます。

ブラックジャックをするならこちらから

ブラックジャックのルール

ブラックジャックは細かいルールが数多く設定されています。このルールについてはすべて覚えなければなりません。覚えないままゲームを進めると、間違ったルールにより失敗が増えてしまいます。まずはルールをすべて把握してからゲームに挑戦しましょう。

カードを受け取るルール

追加のカードは、プレイヤーが任意で受け取れます。要らないと思った場合は最初からカードを受け取らなければいいのです。一方で、どうしても数字が足りない場合は、積極的に受け取るようにしましょう。

また、バカラと違い、ブラックジャックはプレイヤーが受け取れるカードに制限はありません。弱い数字ばかりが支給される場合は、延々とカードを引いても構いません。ただ、22以上に到達した場合は、これ以上カードを引けなくなります。

22以上に到達するとそのプレイヤーは負ける

22以上となったプレイヤーは負けが確定します。これはディーラーが22以上に到達していた場合でも変わりません。プレイヤーの負けはディーラーよりも優先されてしまうのです。

どのような状況でも、ブラックジャックでは22以上の数字を作ってはいけません。ディーラーの自滅を狙うためにも、21以下で抑える工夫が必要です。

ブラックジャック存在する特殊なルール

ブラックジャックには色々なルールが存在します。難しいものも多数ありますが、覚えておけば勝率アップや配当を増やせる可能性も高まります。使わない場合でも覚えておくようにしましょう。

ダブルダウン

ダブルダウンは、賭け金を倍にしてカードを1枚引くルールです。賭け金を倍にしてさらに配当を増やす目的で使います。ただ、ダブルダウンはカードを1枚引いた後、一切の行動が取れなくなります。数字が少ない時はあまり使わないようにしましょう。

スプリット

スプリットは同じ数字のカードを2枚持っている時のみ利用できます。

権利を行使する場合、現在持っているカードを2つに分け、2回分の勝負を挑むことが可能です。スプリットを利用する際は、賭け金を追加で支払い、2つの組に対してカードを引き、21に近づける必要があります。

上手に使えば、2回分の勝利が確保できるため、2倍の利益を確保できる場合があります。一方で、2つとも負けてしまえば倍の損失となるため、スプリットを使う際は気を付けておきましょう。

なお、スプリットはカードを受け取る枚数に制限はありませんが、Aのペアに限り1枚だけしか受け取れない場合があります。

サレンダー

ディーラーの数字があまりにも強く、自分の数字が弱いと判断した場合、自ら降参してこのゲームを降りるという選択を取っても構いません。

サレンダーを利用した場合、賭け金の半分が没収されます。ただ、ゲームに負けた場合と違い、賭け金のすべてが失われるわけではないため、多少の損失は回避できます。

大金をかけて勝負したものの、ディーラーの数字があまりにも強い、もしくは勝てる見込みがないのであれば、サレンダーで賭け金を取り返す工夫も考えておきましょう。

インシュランス

インシュランスは、ディーラーが公開しているカードがAだった場合のみ使えるルールです。

ディーラーが21を達成していると判断した場合、インシュランスを利用して追加の賭け金を支払います。この賭け金は保険料という扱いとなります。そして、ディーラーがカードを公開し、本当にブラックジャックである21を達成して場合、保険料の倍額がプレイヤーに支給されます。

ブラックジャックを達成していなかった場合、プレイヤーの支払った保険料は没収されます。インシュランスは非常にギャンブル要素の強いものですが、相手が強い状態で利益を得られる数少ない手法です。上手に使って利益を確保していくといいでしょう。

イーブンマネー

このルールは、プレイヤーが21を2枚のカードで達成し、ディーラーがAを公開している状態のみ利用できます。

イーブンマネーを宣言すると、その時点でディーラーが賭け金と同額を支払います。これは、ディーラーがブラックジャックを達成していた場合にインシュランスを適用し、ディーラーがブラックジャックを達成していなかった場合はプレイヤーに対して配当を支給するというルールが存在するためです。

イーブンマネーは条件が難しいものの、宣言すれば利益が確定で手に入ります。2枚のカードで21を達成している場合は狙ってみるといいでしょう。

ブラックジャックで使われているトランプの組数

ブラックジャックは複数のトランプを組み合わせて利用されています。

オンラインカジノでは、プログラムでカードが配布される形式とディーラーが実際に配布する方法が用意されています。ディーラーが配布しているものについては、5セット以上のトランプが利用される傾向が多く、同じ数字が何度も出現します。

一方で、プログラムで進行するブラックジャックは、トランプの組数が把握できません。そのため、同じ数字ばかり出ることもあれば、変わった数字が何度も配布されるケースもあります。

トランプの組数は、今まで出たカードをカウントしておけば次のカードが予想できるという概念を捨てさせるために適用されたルールです。カードのカウントは意味のないことですので、基本的にはしないほうがいいでしょう。

ブラックジャックの配当

ブラックジャックの配当はどのような場合でも2倍です!

見習いディーラー
見習いディーラー

21を達成していたとしても、21を達成していなかった場合でも配当は同じです。また、ディーラーがバーストして自滅した場合でも、受け取れる配当は賭け金の2倍となります。

より多くの利益を受け取る場合は、ダブルダウンで賭け金を増やす、もしくはスプリットを使って2回分の勝負を挑むなど、リスクを背負う必要があります。

ブラックジャックの攻略法

ブラックジャックは、ベーシックストラテジーと呼ばれる基本的な動き方を覚える必要があります。ベーシックストラテジーを覚えておけば、ブラックジャックの勝率を格段に上昇させられるほか、相手の自滅が起こりやすいのかも判断しやすくなります。まずはベーシックストラテジーを覚えましょう。

次に賭け金をどのように置くかを考えます。ただ同じ金額をつぎ込むのではなく、負けた場合はマーチンゲール法で損失を回収する、勝っている時はパーレー法でさらに倍に増やしていくなどの方法を取りましょう。パーレー法と合わせてダブルダウンを使えば、利益を大幅に増やせる可能性があります。

後は、ディーラーの数字をどのように読むかが重要となります。ディーラーの数字を過小評価すると負けやすい傾向があります。できる限りディーラーは強い数字を持っていると判断し、少しでも自分の手札を強くする行動を取りましょう。

まとめ

ブラックジャックは戦略が求められると同時に、用意されている特殊なルールを使って勝ちやすい環境を整える必要があります。場合によってはサレンダーによって損失を回避するための戦略も必要となるでしょう。

プレイヤーがゲームに介入しやすいという利点を持っていますので、より戦略的に行動したい、自分が思っているような形で勝ちたいと考えているプレイヤーにおすすめです。気になる方は無料ゲームで練習してもいいでしょう。

ブラックジャックをするならこちらから

Copyright © オンカジ. All Rights Reserved.