結局いつになったら日本にカジノは出来るの?

いつカジノができる?

日本でもIR法案によってカジノが作られると説明しています。しかし、様々な問題の発覚に加えて、未だにどの場所にカジノを建設するかが決まっていないという問題があります。こうした事情により、日本のカジノはまだまだ先の話となりそうです。

この記事では、日本でカジノはいつ頃できるのか説明します。また、カジノをすぐにでも楽しみたい人が取るべき行動についても紹介します。

日本でもカジノ建設に向けた動きは加速している

いつカジノは日本にできるのか?

日本でもカジノ建設に向けて、様々な動きが進められています。まずIR法案が可決され、カジノ建設に向けての動きが進められました。その後、ギャンブル依存症に関連する法案が成立し、懸念されていたギャンブル依存症関連への対策が法律として定められるところまでは進みました。

ところが、ここから先の基本方針については全く進まない状態となっています。10月に基本方針については提示されましたが、まだ基本方針が決定しているわけではなく、現在はコメント等を募集して方針の修正が必要なのか決定しているところです。この状況が改善されるまで、日本でのカジノ建設は進められていきません。

現在は新型コロナウイルスの影響により、様々な課題への進行が進められておらず、当初の開業予想からも大きく遅れている現状があります。新型コロナウイルスの流行に歯止めをかけ、その上で開業する場所を策定しない限り、カジノ建設が進むことは無いでしょう。

日本でカジノ建設を進めるために今後必要なこと

現在は基本方針を提示したところまで進められていますが、今後必要となるのはIR施設をどの場所に作るのかです。実はまだIR施設をどこに建設するかは決まっていません。

現時点で立候補している、または候補地としてあげられている場所は多々ありますが、この中から3ヶ所程度に絞って建設する場所を決めなければなりません。この場所は政府側が決めることとなるため、当面は時間が必要となるでしょう。

更に候補地が決められたとしても、IR施設を実際に建設するかは都道府県の判断となります。都道府県側が認めないと判断された場合、別の場所にIR施設を建設する必要があるため、また候補地の選定が必要となります。こうした動きに時間がかかると予想されており、当初の開業予想から大幅に遅れるのはほぼ確実な状況です。

実際に建設が開始される場合でも、IRはカジノ施設だけを作るのではなく、それ以外にも様々な施設の建設が必要となります。また、道路整備も必要となるため、多くの時間が必要となるのは間違いありません。今後必要とされているのは、ただ候補地を決めるだけでなく、都道府県側が納得する建設計画を作り出せるかという部分もあります。

IRの進行が大幅に遅れている理由はコロナだけではない

カジノとコロナウイルス

IR計画の進行が大幅に遅れている理由はコロナウイルスの流行ですが、それ以外にも原因があります。

IRが遅れている理由
  • 候補地が難色を示している
  • IR関連で逮捕者が出ている
  • 他のギャンブルへの影響
  • 建設計画の策定に時間がかかる

こうした問題により、IRの進行が大幅に遅れています。本来であれば、そろそろ候補地が選出されてもおかしくないのですが、現在はコロナウイルスへの対策が重要視されているため、こちらが優先されています。それ以外にも様々な理由により時間がかかり、当初の予想より大幅に計画は遅れているのです。

ここからは、IRの進行が遅れている理由について詳しく説明します。

候補地が難色を示している

候補地として立候補している自治体は数多くありますが、こうした候補地の住民が難色を示しているなどの理由で、候補地として最終的に立候補できるのか不安な状態が続いています。

首都圏では横浜が立候補すると予想されていますが、横浜でもIR施設に反対する住民がいるなど、本当に立候補できるのか不安材料が多くなっています。また、北海道では建設場所が難航して立候補できる場所がなくなっているなど、最終的に断念する動きも当然予想されます。

候補地としては大阪や長崎など、立候補できると思われる地域は多数ありますが、住民の反対によって最終的に候補地として選出されたとしても、建設計画に同意できずに時間がかかることも想定されます。

更にコロナウイルス流行によって、候補地の選出がどんどん先送りにされているのも大きな問題となっており、現時点で候補地が決定されるのは2022年頃となります。こうした時間がかかっているという要素により、さらなる反対が予想されるのは必至となります。

IR関連で逮捕者が出ている

IR法・逮捕者

2つ目の問題として、IR関連の逮捕者が続出している点があります。

カジノとして参入したいと考えた中国企業側から、日本の国会議員に対して賄賂を渡したとして逮捕された事件があります。この事件の真相解明がされない限り、IRの準備は進まないのではないかと言われるほど、この事件は大きな問題となりました。

逮捕されているのが国会議員であること、そして逮捕されていないとしても金銭の授受を指摘されるなどの情報が多数提供されている以上、IRを作るのは危ないのではないかというイメージが強まっています。こうしたイメージダウンにより、IR関連の準備をすすめるのは難しくなっています。

現在は逮捕者への裁判が行われているところで、今後は裁判によって真実解明が進められるででしょう。同時にカジノ計画をそのまま進めていくべきなのか、政府側が検討していく形となります。

他のギャンブルへの影響

IR法・パチンコへの影響

他のギャンブルへも影響するのではないかと言われており、その影響を最小限に抑えるための対策が求められます。

公営ギャンブルについては、基本的に影響は小さいとされています。その理由について、カジノは富裕層を中心に利用するように調整されているためです。公営ギャンブルは低所得者でも購入しやすいような取り組みが進められており、カジノとは違うイメージが作られています。

問題となるのは民間でギャンブルのようなサービスを提供するパチンコです。パチンコは本来娯楽として提供されているサービスですが、近年はギャンブル志向が強まった機種が登場するなど、完全にイメージとしてはギャンブルとなります。このパチンコがIRと被っているために、影響がかなり大きいのではないか判断されています。

パチンコは規制によって苦戦している現状もあり、その中にIRというものが入ってくるとさらなる苦戦は避けられません。パチンコを残していくためには何が必要なのか、政府側が対策を取るのか注目されています。

建設計画の策定に時間がかかる

仮に候補地を決められたとして、建設することが決まったとしても、建設するまでの計画策定には相当な時間がかかります。

候補地に選ばれ、その地域が建設してもいいと判断しても、その後建設計画が決まるまでには大きな時間がかかるでしょう。すぐに建設計画がまとまる可能性はほぼないに等しいため、建設計画が完了するまでには数年程度の時間がかかります。

現時点で決まったとしても、建設計画が決まるまでに数年、更に建設するまでに数年かかる現状では、すぐに日本でカジノが楽しめる環境は訪れないでしょう。コロナウイルス流行による様々な問題も含めて、時間がかかっている現状を打破するのは難しいのです。

日本のカジノはいつ利用できる?

一流ディーラー
一流ディーラー

当初の予定よりは、大きく後ろ倒しになっているのが現状です。2030年の運営を予想しています。

ここまで建設に時間がかかっている問題を説明しましたが、日本のカジノで遊ぶのはかなり先の話となります。また、IR施設の完成は2025年よりも後になるのは間違いなく、場合によっては2030年頃まで待つこととなります。

最大の理由は候補地を選定したとしても、施設建設までに多くの時間が必要となるためです。建設するためには土地が必要となりますが、確保できている土地が交通アクセスの悪い場所だと、様々な要素で整備する必要があります。

また、逮捕者が出ているIR汚職問題が解決しない限り、IRの整備は進められないという意見もあります。汚職問題には中国企業が関与しているなどの問題もあり、政府の中にも慎重に進めるべきだという意見が強まっています。こうした影響が施設建設にも影響してくるのは間違いないでしょう。

現時点ではカジノ建設が完了するまでの日程は未定となりますが、2030年までには建設して運用するのではないかと予想します。ただ、スムーズに建設が進まない、コロナウイルスの流行が予想以上に長く続くような状況があれば、更に建設までに多くの時間がかかるのは避けられないでしょう。

どうしてもすぐにカジノで楽しみたいならどうする?

カジノを楽しみたい

日本でカジノを楽しむのは非常に難しいことです。現在は日本でカジノを提供する場合、金銭がかからない遊び程度に抑える必要があり、ギャンブルとしてのカジノで遊べば逮捕されてしまいます。こうした問題を解決するためには、以下の方法を利用する必要があるでしょう。

カジノで遊びたい時の選択肢
  • 海外のカジノを利用する
  • オンラインカジノで遊ぶ
  • カジノゲームで遊ぶ

この中から選択する必要があります。ただ、ギャンブルとして気軽に遊びたいのであれば、オンラインカジノを選択するのが一番いい方法でしょう。

ここからは、すぐにカジノで楽しみたい時に利用する方法を詳しく説明します。

海外のカジノを利用する

現在のコロナウイルスの状況を考えると非常に難しいのが現実です。本場カジノの変わりを見つけましょう!

カジ美ちゃん
カジ美ちゃん

海外のカジノを利用すれば、すぐにギャンブルができるでしょう。

しかし、海外への渡航については規制されているところが多くなっています。コロナウイルスによって、海外では入国できないようにしている国が多々あるためです。また、入国できたとしても隔離措置を取られてしまうことから、すぐにカジノで遊べない現実があります。

コロナウイルスの流行が止まり、従来どおりに遊べるようになれば別の話ですが、現状ではこの方法を取るのは難しいでしょう。

オンラインカジノで遊ぶ

オンラインカジノで遊ぶ

一番簡単な方法は、オンラインカジノで遊ぶ方法です。

オンラインカジノは、インターネット上にあるカジノです。ネットでカジノのギャンブルで楽しめるようにサービスが作られており、本格的なギャンブルが楽しめます。中にはライブカジノと呼ばれる、ネット上で臨場感のある映像を使ったギャンブルが楽しめます。

実はオンラインカジノへの登録もそこまで難しいものではなく、すぐに登録できるようにしています。また、入金についても簡単にできるように整備されているサイトが多くなっており、入金できずに苦労するといった問題も起こりづらくなっています。

気軽に遊びたいのであれば、オンラインカジノを利用してみるといいでしょう。気になる方は以下のリンクからオンラインカジノについて学べますので、参考にしてください。

また、どのオンラインカジノで遊べばいいのかわからない時は、こちらのリンクでオススメのオンラインカジノが紹介されています。

カジノゲームで遊ぶ

カジノゲームは種類も多くあり、実際にオンラインカジノで遊ぶ前などはゲームの練習をしてみるのも良でしょう。

見習いディーラー
見習いディーラー

カジノゲームをギャンブルではなく、ただゲームとして提供しているサービスであれば、すぐにカジノで遊べます。ただ、ギャンブルではなくゲームですので、満足感は得られにくいでしょう。

カジノゲームについては、ルールを知らなければ遊べないものも多々あります。少しでもルールを理解したいというのであれば、オンラインカジノで遊ぶ前にカジノゲームだけで遊んでみるのもいいでしょう。

また、ギャンブルとしてカジノをスタートするのは気がひけるのであれば、無料で提供されているカジノゲームで遊び、ある程度勝てるようになるまで遊び続けてみるといいでしょう。ゲームで勝つという快感を得るのもいい方法です。

カジノゲームについては、オンラインカジノ向けですが以下のリンクで紹介しています。

まとめ

日本でのカジノ建設はかなり先の話となるのは間違いありません。すぐに解決できないような問題も多々あるため、すぐにIR施設の建設という話には進んでいかないでしょう。2030年頃までは待たなければならない状況も考えられます。

どうしてもすぐにカジノで遊びたいなら、オンラインカジノで遊んでみるのがいい方法です。オンラインカジノは即日で登録して入金できるため、気になっている人もすぐに触れて体験できる良さを持っています。

オンカジ運営も参加する無料オンラインサロンカジノ五番街」では、IR法についても良く議論されています。意見交換したいなど、興味のある方は「無料」で参加できるので確認してみてください。

カジノ五番街
  • コメント: 0

関連記事

  1. IR法メリット・デメリット

    IR法(カジノ法案)の日本へのメリット・デメリット

  2. IR法

    IR法によるオンラインカジノへの影響は?

  3. 日本でのカジノ解禁

    日本でのカジノ解禁はいつか?(IR法)

  4. カジノ候補地

    日本のカジノの有力候補地は何処?「2022年版」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Copyright © オンカジ. All Rights Reserved.