カジノで勝利した際の確定申告はどの様に?一時所得の計算方法など詳しく解説!

オンラインカジノの確定申告

カジノで勝利した際の確定申告はどの様に?一時所得の計算方法など詳しく解説!

カジノで勝利した時、大きな配当を得られると嬉しい気持ちになるでしょう。しかし、嬉しい気持ちを抑えて、この後の確定申告に備える必要があります。得られた勝利金によっては、確定申告をしなければ将来的に大きな問題となる場合があります。

この記事では、カジノで勝利した際の確定申告について説明します。また、一時所得の計算方法についても解説します。これからカジノで勝ちたいと考えている人は、こうした計算方法をしっかり覚えておきましょう。

カジノで勝利して得られた配当は確定申告の対象

勝利分は課税対象

カジノで得られた金額は確定申告の対象となります。得られた金額が多すぎる場合は、その勝利金に税金が発生します。カジノの利用者は、この配当について申告し、税金をしっかり納めなければなりません。

税金を支払わなかった場合、カジノで得られていた利益を様々な方法で調査されます。この調査で確定申告が必要なのに申告していないと判断されれば追徴課税の対象となり、本来の税額よりも大きな金額を支払うように求められます。

特にオンラインカジノを中心に、カジノで勝利した際の申告についてはしっかり考える必要があります。オンラインカジノはバレないように思われる場所ですが、実際には様々な方法で得られた配当を調査されてしまい、確定申告をしていないと判断される場合が多いのです。

確定申告はしっかり済ませなければなりませんが、対象となる人とそうでない人がいます。すべての人が対象となるわけではないため、自分が対象なのかまずは理解する必要があるでしょう。

確定申告の対象となるのは20万円超の勝利金を得ている人

確定申告の対象となるのは、会社員で年末調整を行っている場合は20万円超の利益を得た人となります。20万円以下であれば確定申告をしても税額は0円となりますので、申告の必要はありません。

会社で働きつつオンラインカジノを利用する場合は、20万円というラインをしっかり覚えておきましょう。このラインを超えていなければ、確定申告をしなくても問題は起こりません。まずは20万円を超えないように利益を得る方法を検討するといいでしょう。

オンラインカジノだけで生活している場合は70万円が目安

こうした生活ができる人は限られていますが、オンラインカジノだけの収益で生活している人は70万円が確定申告の目安となります。

社会人に比べるとかなり金額が高くなっていますが、これは計算方法によって70万円までは税金が発生しないと判断されるためです。オンラインカジノだけで生活できているのであれば、70万円までの利益までに抑えれば確定申告を無視しても構いません。

ただ、専業のオンラインカジノプレイヤーというのは、70万円の利益だけでは生活できない状況が起きてしまいます。本当にオンラインカジノだけで生活したいのであれば、確定申告を覚悟することとなるでしょう。

確定申告は毎年2月から3月の間に実施される

確定申告の期日は毎年2月中頃から3月中頃となります。この期間に申告しなければ確定申告が成立せず、税金を支払う意志がないものと判断されます。また無申告加算税の対象に入ってしまいます。

近年では新型コロナウイルスの影響により、確定申告の期日が1ヶ月延長した事例もあります。いつまで確定申告ができるのか、しっかりと確認して準備を進めるように心がけてください。

オンラインカジノの利益は一時所得に該当

オンラインカジノ利益
一流ディーラー
一流ディーラー

カジノやパチンコや競馬といったギャンブルでも、一定金額以上勝利している場合は一時所得として課税の対象になるんです!

オンラインカジノの利益は全て一時所得という扱いになります。
一時所得というのは働いて得られた収益等ではなく、このような事例が該当します。

  • 懸賞や福引で得られた賞金
  • ギャンブルでの払戻金
  • 生命保険の一時金
  • 個人的に受け取った贈与
  • 報労金

こうした金額は一時所得に該当します。カジノの利益というのは、ギャンブルでの払い戻しに該当しますので、一時所得という扱いになります。これはオンラインカジノも同様です。

一時所得の場合は計算方法が用意されていますので、この計算式さえ覚えておけば個人でも確定申告の金額がある程度算出できるようになります。計算方法については次の項目で紹介しますので、参考にしてください。

一時所得の計算方法

一時所得の計算方法は以下の通りとなります。

一時所得計算方法
(総収入金額)-(収入を得るために支出した金額)-(特別控除額)=一時所得

このような計算となります。総収入金額というのは、カジノで得られた勝利金の合計と考えてください。今回の事例では1年間に得られた金額が該当します。

収入を得るために支出した金額というのは、その利益を得る際に出したお金のことです。利益を得るためにはお金を投じる必要がありますので、この金額だけは控除しても構わないというルールが用意されています。今回の場合は賭け金が該当します。

特別控除額は50万円が準備されています。50万円を最終的に差し引いて、一時所得の金額が20万円を下回っているようであれば確定申告の対象からは除外されます。一方で20万円を超えれば確定申告の必要があります。

収入を得るために支出する金額には対象外となる場合がある

収入を得るためには、賭け金としてお金を出さなければなりません。オンラインカジノなど、賭け金を投じて利益を得るという方法では、一時所得で減額できる収入を得るための支出金額を算出し、これを差し引いて確定申告の金額を下げる方法を取ります。

しかし、支出した金額として認められない項目があります。それは損失を計上した場合です。

例えば、オンラインカジノで30万円の利益を得たとします。この30万円の利益を得る際に利用した金額が10万円です。この場合、10万円を収入を得るために使った金額として判断し、一時所得の計算では以下の計算ができます。

一時所得計算例
30万円-10万円=20万円

このように、支出した金額として10万円が認められているため、利益から差し引いて計算ができるのです。

しかし、オンラインカジノでは毎月勝てるわけではありません。中には負けている月もいくつか出てくるでしょう。特に以下の事例では混乱する場合があります。

利益使用した金額
1月+20万円10万円
2月-20万円30万円
3月-10万円20万円
4月+30万円10万円
5月-20万円30万円

このような状況に置かれた時、マイナスとなっている月で利用した金額を支出した金額として計上したい人もいるでしょう。しかし、損失として扱われている月は一時所得の計算から外さなければならないため、この場合は1月と4月で利用した金額だけが対象となります。

今回の場合、利益は0円となりますが、使用した金額として計算できるのは20万円だけで、それ以外の80万円というのは一時所得の計算から除外されてしまいます。つまりマイナスを作った月は、それに関わった費用が全て無意味なものとして扱われるのです。

オンラインカジノで負けている月があれば、その損失だけを一時所得の計算時に利用するものと覚えておきましょう。間違って使用した金額を計算に入れると、確定申告の金額に誤りがあり、修正申告が必要となってしまいます。

オンラインカジノの一時所得はいつ利益として扱われるのか

勝利した金額の扱い方

オンラインカジノで得られた収益というのは、現金として手元に戻した段階で一時所得として加算しなければなりません。オンラインカジノ上でお金を持っているだけであれば、現金として扱われませんので申告の対象外となります。

オンラインカジノ上に存在している所持金というのは、オンラインカジノで使える仮想通貨と同じものとして扱われます。仮想通貨を現金化して計算する必要はないため、サイト上に残しているだけであれば確定申告はしなくていいのです。

しかし出金して手元に戻した場合、それは現金として扱われます。現金は確定申告の対象となりますし、立派な利益として出したものと判断されます。オンラインカジノから利益を出したのであれば、それは確定申告で税金の申告をするものと判断しておきましょう。

エコペイズなどのサービスに残っているもの対象外

エコペイズやアイウォレット、ヴィーナスポイントなど、オンラインカジノでは出金サービスとして利用できるものが多々あります。このようなサービスにお金を残して年明けを迎えた場合、サービス内に残されている利益は確定申告の対象から除外されます。理由は先程と同じように現金化していないためです。

現金化していないものは、収益だと判断できる理由がない他、税務署側が調べても情報がわからないケースが多いのです。そのため出金サービスを利用している人は、年末までその収益を残しておき、年明け以降に出金を依頼しておけば1年間の確定申告から除外できます。

ただ、現金化した時点で一時所得の対象となりますので、銀行口座に戻した時点で確定申告の金額として計算するようにしましょう。

オンラインカジノの確定申告をしなかった場合はどうなる?

脱税

「ギャンブルだし、無申告で良いだろう!」といった考えは危険です。無申告の場合のリスクを解説していますので参考にしてくださいね!

見習いディーラー
見習いディーラー

多くの人が感じている疑問として、オンラインカジノの確定申告をしなかった場合はどうなるのか、簡単に説明します。

基本的に税務署側で不特定多数の人を対象とし、本当に確定申告を実施しているのか確認しています。特に銀行口座の資金出入りについて確認する傾向が多く、明らかに大きな金額を銀行内に入れていないか、チェックが入ります。

もし、オンラインカジノの収益を税金として支払っていなかったのであれば、この調査によって気づかれてしまいます。そして明らかに金額が多いものと判断された場合、税務署側から追徴課税を行うように通知が届きます。

追徴課税は税金の滞納分が加算された状態となりますので、当然確定申告時よりも税金の額が多くなっています。また、追徴課税の場合は支払わない時のペナルティが厳しくなっており、最悪の場合は刑事罰の対象となるなどの措置が取られます。

通知を放置していた場合は逮捕される事例もありますので、確定申告をしないで放置するのは非常に危険です。オンラインカジノ以外でこうした事例による逮捕者や多額の追徴課税を要求されたケースがありますので、絶対に確定申告をしないという選択は取らないでください。

確定申告に不安がある時は税理士などに相談しよう

税理士に相談

どうしても確定申告に不安がある時は、理解のある人に相談したほうがいいでしょう。税理士など、プロフェッショナルの人に相談すれば、オンラインカジノの確定申告について説明してくれます。近年はオンラインカジノも税理士の中で理解が深まっており、安心して話ができるようになっています。

大半の場合は競馬や競輪などのギャンブルと同じように計算するようにと言われますので、その指示に従って使った金額などを算出し、獲得した利益から一時所得の金額を算出してもらうといいでしょう。一時所得さえ分かれば個人でも確定申告は可能です。

間違った確定申告をしないためにも、気になることがあればまずは税理士など、相談できる窓口を経由して話をするといいでしょう。近年はネット相談に対応している税理士も多数いますので、話しやすい環境が整っています

また、以下のページでも税金について説明していますので、こちらも参考にしてください。

オンラインカジノで利益を出したい人は登録などの情報をしっかり確認しよう

確定申告が必要なオンラインカジノですが、税金を支払うことになったとしても大きな利益を出せるのは事実です。また、豊富なゲームに加えて、店舗のカジノと同じような臨場感を得られるという利点があります。

気になる方はオンラインカジノへ登録して遊んでみるといいでしょう。以下のリンクでオンラインカジノについて詳しく説明しています。

また、オンラインカジノへの登録方法については、以下のページで解説していますので、参考にしてください。

まとめ

オンラインカジノの確定申告はしっかり行おう

オンラインカジノの利益は気づかれないので確定申告しなくていいと考えている人は、その考えを捨ててください。海外のサイトを利用している場合でも、確定申告はしっかり行う必要はあります。一時所得をしっかり計算して、自分で確定申告ができる状況を作りましょう。

他に遊んでいる人は税金などは、どの様にしているのか?など、オンラインカジノで遊んでいるメンバーが多数いるカジノ五番街で聞いてみるのも良いでしょう。

カジノ五番街
  • コメント: 0

関連記事

  1. ジャックポット

    ジャックボットが出たらどうなる?夢のジャックポット徹底考察!

  2. カジノを楽める海外

    2022年カジノを楽める海外7選

  3. ギャンブル人口推移

    日本のギャンブル人口の推移率

  4. 激熱キャンペーン

    年末の激熱キャンペーンまとめ!今のお得な時期を見逃すな!

  5. インターネットカジノ

    インターネットカジノとオンラインカジノの違い!

  6. 2021年オススメオンラインカジノ

    続々登場!2022年最新の新オンラインカジノ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Copyright © オンカジ. All Rights Reserved.